Brunhild

Final Fantasy XIV [ Gaia / Tiamat ]

Sort by 06 2013

Category: スポンサー広告  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: RaiderZ  

【RZ】汚染された庭園


衣装チェンジ。

0617-7.jpg

レベルがあがったので新しい防具を買いました。

0617-8.jpg

かわいい。緑じゃないともっとかわいい。









さてさて、やっとこさ庭園クエストまできましたよ!
世界チャットで庭園のPT募集が飛び交っていて、とても気になっていたのです。

0617-9.jpg


でも初見で参加するのも迷惑かけそうだなあと思い、まずはソロで挑むことにしました。
でもすぐに死にました。




あの…毒が痛いよ(´・ω・`)
敵から逃げ回って毒まみれになって死んだよ(´・ω・`)


これはいかん。
レベルをあげよう。


ということで沼でやたら元気な敵とたわむれてみました。

攻撃痛いけど、ゾンビと違って溌剌としている敵と戦うのは好きです。
生き返ったぜいえーい!でも身体どろどろなの、みたいな敵と対峙するのは妙に気が滅入る。
だって、手がぽろっと取れたり、頭ぽーん!て飛んでったり、緑の汚物噴射されていい気分になるはずない。
ゾンビこわい (((´;ω;`)))

0617-12.jpg

↑のSSで私の横にいる男性キャラは、全く知らない人です。
私が例によって座って体力回復していたら、いつのまにか横にいました。

回復中はやることないので他のプレイヤーの動きをぼーっと見ていますが、この横にいるお方、どうやらお助けマンみたいです!

この沼の敵はアクティブなので見つかると目の色変えて攻撃され、あっという間に囲まれてリンチされてしまうのがこのエリアの怖いところですが、そういう人を見つけると、彼はささっと走っていって雑魚を片づけていました。
リンチされて瀕死状態だったプレイヤーが態勢を整えると、さりげなく離れて私の隣に戻り、何食わぬ顔でくつろぐ。
なんかかっこいいな!
こういうお助けマンが多いゲームなのかな?
もしかしたらたまたま遭遇するだけなのかも知れませんが、ネトゲやってて良かったなって思う場面が増えました。







沼の反復クエストでレベルをあげた私は、そろそろ庭園に挑んでもいいんじゃないかな!と思い、PT募集を物色しはじめました。

時期的にアサシンのプレイヤーが多いようで、どういうクラスバランスがいいのか悩む。
アサシンが2~3人いるPTに入るのは気が引けるし、回復が一人もいないPTも困るなあ…
うーんうーんと、PT募集リストをみながら唸っていると、急にPT申請が送られてきました。


あれ、誤操作?


と、思いながら周りを見渡して送り主を探すと、♂キャラのアサシンでした。
意図がよくわからないので、とりあえずPT申請を許可してみた。

私「なんでしょう?」←他に言い方が思いつかなかったw

彼「庭園やりましょう!!」

私(えっ!? 誤操作じゃないのか!)

彼「よろしくです!!!!」←ビックリマークがやたら多い

私「よろしくです」←気圧されたw


あれっ、もしかしてこのゲーム、トレードやPTって無言申請が普通なのか!?

一声かけるもんだと思ってたけど、どうなんだろう?
まあでも強引な彼についていくのも楽しそうだなと思い、一緒に庭園にいくことに。



そして、私はてっきりこれから他のメンバーを募るのかと思っていたのですが、

彼「行きましょう!!!」

私「え!二人でですか?メンバー他にいた方がいいと思うんですが…」

私には毒死した苦い思い出があります。
回復なしではきついと踏んでいました。


彼「大丈夫ですよ!!」


な、なんという頼もしい返答。もしかして庭園経験者なのかな?


私「庭園行ったことあるんですか?」
彼「ないです!!!」


えぇー・・・


やばいぞ、きっとまた毒死するはめになるぞ私。
さすがにまた死ぬの寂しいので、彼を説得することにしました。


私「庭園の敵強いですよ、毒とか結構くらいますし…」

彼「庭園行ったことあるんですか?」

私「ソロで行ったんですがボコボコにされました」

彼「そうなのか…」


お、説得成功?? と期待したのですが…




彼「きっと大丈夫ですよ!!!!!!!」



おいまじかよ。


とは思ったものの、もう盛大に吹き出してしまいましたw
この辺で私、ちょっと彼のポジティブさが好きになっていました。


私「わかりました、二人でがんばりましょう^^」
彼「よろしくおねがいします!!!!」
私「よろしく!!!!」←真似してみた


乗せられてしまったような形になりましたが決してヤケになったわけではなく、彼とクエストに行ったらどんな冒険になるんだろう?という好奇心が不安に勝ったのです。
とてもわくわくしてきました。

死なないように頑張ろうと気合を入れて挑戦!


0617-10.jpg



結果的には、思っていたよりずっと好調でした。

アサシン二人の火力すげえ。

彼も少し腕に自信があるようで、良いペースで進みます。私はがんばってついていきました。



中ボス:アルカとの対戦。
何度か回復薬を使い、無事撃破。
最初はちょこまかした動きに翻弄されましたが、徐々に慣れました。


ちなみに受けている種拾いクエストはすでにクリアになっていました。
私はアルカと戦って満足したのでこれで帰ろうかなと思っていると、やはり彼は。


彼「まだ奥がある。行きましょう!!!!」
私「りょうかいw」



大ボス:ガーデンマスターのお出ましです。

0617-11.jpg

私はびびりなので、まずは敵の動きを見たい人。
少し離れて様子を窺おうとしていると…さっそく突っ込むアサシンの彼
その度胸に素直に感服。すごい。


吹っ飛ばされたり、尻尾?でしばかれたり、種っぽいので定期的にHP削られたりと、苦戦を強いられます。
一撃がすごく痛い。
しかもこの庭のマスター、奇声を上げながら体力回復するんですよ。
ちょびちょび削ったHPが全回復されると気力が…orz

二人とも、何度か死亡。
それなのにガーデンマスタ―の体力が半分から下へ落ちません。

回復させる前に倒さないといけないのか??

攻略法が見出せないまま、一方的な戦況。
突破口がわからない今の状態では、いたずらにアイテムを消費し、死亡回数を加算させるだけだと思った私は、断念することを提案する。
すると流石に彼も了承し、庭の王を前に膝をつく結果となりました。





二人とも、ガーデンマスタ―を倒すクエストはまだ受けていなかったので、とりあえず種集めのクエストがクリアできただけで善しとすることにしました。


最後は残念だったけど、びびりな私を引っ張って連れて行ってくれた彼に感謝です。
楽しかったですよ♪

言うまでもなく、フレンド登録しましたよ。
また一緒に遊べるといいな!


スポンサーサイト

12345678910111213141516171819202122232425262728293006 < >
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。